エネレポ|電力見える化サービス

ご家庭の節電マニュアル

ご家庭で取り組む節電対策のアドバイスや豆知識をご紹介。今すぐ取り組める方法から、ちょっと変わった方法まで、役立つ節電情報をお届けします。

地球温暖化防止センターおすすめの対策

  • ドライヤーを使う前によくタオルドライして、ドライヤーの使用時間を短縮しましょう
  • 入浴時間や就寝時間など、家族みんなで同じ時間に行動し、消費電力を抑えましょう
  • 掃除機をかける前に床を片付けて、掃除機をかける時間を短縮しましょう
  • サーキュレーターや扇風機をエアコンと併用して、部屋の空気を循環させましょう
  • 冷蔵庫は壁から5cm程度離し、放熱しやすくしましょう
  • 炊飯器でご飯を4〜5時間以上保温する場合、保温機能ではなく電子レンジで温めなおしましょう
  • ドライヤーを使う前によくタオルドライして、ドライヤーの使用時間を短縮しましょう
  • 掃除機をかける前に床を片付けて、掃除機をかける時間を短縮しましょう
  • 冷蔵庫の庫内にあるものをメモに記入し、冷蔵庫の開閉回数を減らしましょう
  • 家電製品を買い替えるときは、省エネ家電を意識して選びましょう
  • パソコンやスマートフォン、携帯電話は省エネモードで利用しましょう
  • テレビ画面の明るさを抑えましょう
  • エコイベントやエコキャンペーンなどに積極的に参加しましょう
  • 早寝早起きで夜の消費電力を抑えましょう
  • 入浴時間や就寝時間など、家族みんなで同じ時間に行動し、消費電力を抑えましょう
  • 冷房の使用時間を1時間短縮してみましょう
  • 冷房を使う時は、ドア・窓は閉めて、冷気を逃がさないようにしましょう
  • エアコンのフィルターは月2回くらい掃除し、冷房効率をアップさせましょう
  • エアコン室外機は風通しの良い所へ設置し、すだれなどで日陰にするとなお良いです
  • 扇風機の前に凍らせたペットボトルなどを置いておくと、涼しい風を感じることができます
  • クーラーボックスや水筒を多用して、冷蔵庫の開閉回数を減らしましょう
  • 夏野菜を積極的に食べて、”体の中から”クールダウンさせましょう
  • 緑のカーテンは遮熱効果抜群です!ゴーヤなど食べることができ、一石二鳥になります
  • 夕方、すだれに軽く水を吹きかけると、夜涼しい風が通ります
  • タオルなどを使って保冷剤を首に巻き、涼しさをアップさせましょう
  • 風鈴を使って、気分も涼しくしましょう
  • 冷蔵庫の冷蔵強度(モード)を「強」から「中」に設定しましょう
  • 電気カーペットの下に、断熱シートやアルミシートを敷き、断熱効果をアップさせましょう
  • こたつを利用するときは、毛布なども一緒に併用しましょう
  • 床までとどくような長い厚手のカーテンを窓にかけましょう
  • 窓ガラスにプチプチシートを貼ると断熱効果がアップします
  • 温水洗浄便座の便座温度は控えめにしましょう
  • 電気ポットの保温はなるべく使わないようにしましょう
  • 体をあたためる食材を積極的に食べて、身体の芯まで温まりましょう
  • こたつやふとんに湯たんぽを入れて、電気を使わず暖かさをアップさせましょう
  • 重ね着・厚手の靴下などを着用!家でもネックウォーマーやひざ掛けを活用して寒さを軽減させましょう
  • 暖房の風向を下向きにし、人のいる場所を効率良く暖めましょう
  • 冷蔵庫には余分なものを入れず、開閉回数や時間を減らしましょう
  • テレビを見ないときは電源を消すことを忘れずに行いましょう
  • テレビの音量を上げすぎないように気をつけましょう
  • 洗濯機を使用するときは、洗濯物の量を8割ぐらいにしましょう
  • 洗濯機の脱水時間を少し短くしましょう
  • 冷蔵庫内のものを中央に寄せ、冷気を当たりやすくしましょう
  • 長時間利用するリビングなどの照明には、LEDなどの省エネ電球を使いましょう
  • 家族みんなで一部屋に集まって過ごし、エアコンや照明の範囲を減らしましょう
  • 照明の電球やカサを定期的に拭き、明るさをアップさせましょう
  • パソコンから離れるときは、モニターの電源をオフに、ノートパソコンの場合は、スリープモードにしましょう
  • 温水洗浄便座のフタは毎回閉めましょう
  • 使用しない家電製品のコンセントは抜きましょう
  • 明るいうちは電気をつけず、自然の光を楽しみましょう
  • 冷蔵庫への物の詰め込み過ぎはNG!定期的に整理しましょう
  • 冷蔵庫の温度設定は「弱」に設定しましょう
  • 外出する30分前にエアコンのスイッチを切ってみましょう
  • サーキュレーターや扇風機をエアコンと併用して、部屋の空気を循環させましょう
  • 冷蔵庫は壁から5cm程度離し、放熱しやすくしましょう
  • 炊飯器でご飯を4〜5時間以上保温する場合、保温機能ではなく電子レンジで温めなおしましょう
  • ドライヤーを使う前によくタオルドライして、ドライヤーの使用時間を短縮しましょう
  • 掃除機をかける前に床を片付けて、掃除機をかける時間を短縮しましょう
  • 冷蔵庫の庫内にあるものをメモに記入し、冷蔵庫の開閉回数を減らしましょう
  • 家電製品を買い替えるときは、省エネ家電を意識して選びましょう
  • パソコンやスマートフォン、携帯電話は省エネモードで利用しましょう
  • テレビ画面の明るさを抑えましょう
  • エコイベントやエコキャンペーンなどに積極的に参加しましょう
  • 早寝早起きで夜の消費電力を抑えましょう
  • 入浴時間や就寝時間など、家族みんなで同じ時間に行動し、消費電力を抑えましょう
  • 冷房の使用時間を1時間短縮してみましょう
  • 冷房を使う時は、ドア・窓は閉めて、冷気を逃がさないようにしましょう
  • エアコンのフィルターは月2回くらい掃除し、冷房効率をアップさせましょう
  • エアコン室外機は風通しの良い所へ設置し、すだれなどで日陰にするとなお良いです
  • 扇風機の前に凍らせたペットボトルなどを置いておくと、涼しい風を感じることができます
  • クーラーボックスや水筒を多用して、冷蔵庫の開閉回数を減らしましょう
  • 夏野菜を積極的に食べて、”体の中から”クールダウンさせましょう
  • 緑のカーテンは遮熱効果抜群です!ゴーヤなど食べることができ、一石二鳥になります
  • 夕方、すだれに軽く水を吹きかけると、夜涼しい風が通ります
  • タオルなどを使って保冷剤を首に巻き、涼しさをアップさせましょう
  • 風鈴を使って、気分も涼しくしましょう
  • 冷蔵庫の冷蔵強度(モード)を「強」から「中」に設定しましょう
  • 電気カーペットの下に、断熱シートやアルミシートを敷き、断熱効果をアップさせましょう
  • こたつを利用するときは、毛布なども一緒に併用しましょう
  • 床までとどくような長い厚手のカーテンを窓にかけましょう
  • 窓ガラスにプチプチシートを貼ると断熱効果がアップします
  • 温水洗浄便座の便座温度は控えめにしましょう
  • 電気ポットの保温はなるべく使わないようにしましょう
  • 体をあたためる食材を積極的に食べて、身体の芯まで温まりましょう
  • こたつやふとんに湯たんぽを入れて、電気を使わず暖かさをアップさせましょう
  • 重ね着・厚手の靴下などを着用!家でもネックウォーマーやひざ掛けを活用して寒さを軽減させましょう
  • 暖房の風向を下向きにし、人のいる場所を効率良く暖めましょう
  • 冷蔵庫には余分なものを入れず、開閉回数や時間を減らしましょう
  • テレビを見ないときは電源を消すことを忘れずに行いましょう
  • テレビの音量を上げすぎないように気をつけましょう
  • 洗濯機を使用するときは、洗濯物の量を8割ぐらいにしましょう
  • 洗濯機の脱水時間を少し短くしましょう
  • 冷蔵庫内のものを中央に寄せ、冷気を当たりやすくしましょう
  • 長時間利用するリビングなどの照明には、LEDなどの省エネ電球を使いましょう
  • 家族みんなで一部屋に集まって過ごし、エアコンや照明の範囲を減らしましょう
  • 照明の電球やカサを定期的に拭き、明るさをアップさせましょう
  • パソコンから離れるときは、モニターの電源をオフに、ノートパソコンの場合は、スリープモードにしましょう
  • 温水洗浄便座のフタは毎回閉めましょう
  • 使用しない家電製品のコンセントは抜きましょう
  • 明るいうちは電気をつけず、自然の光を楽しみましょう
  • 冷蔵庫への物の詰め込み過ぎはNG!定期的に整理しましょう
  • 冷蔵庫の温度設定は「弱」に設定しましょう
  • 外出する30分前にエアコンのスイッチを切ってみましょう

節電関連コンテンツ

わが家の節電大作戦〜結果発表〜

このページのトップへ
エネレポとは ご利用機器 料金 提供条件 お申し込み サポート情報 Q&A お問い合わせ